吉林省長春市


長春はかつて満州国の首都として新京と呼ばれました。この街は日本の植民地化政策のもと、計画的に造られた街ですから、広々とした通りがまっすぐに伸びています。そして、かつて満州国の政府機関だった建築物が残されているのみならず、今も現役で使われています。
このあたりが理解不能なのですが、いかにも日本の城然とした建物がそのまま使われているのには違和感を覚えます。
長春と言えば、溥儀の宮廷も見逃すわけには行きません。身の回り品など、展示物は予想を上回る充実振りでした。それにしても、歴史に翻弄された溥儀はちょっと可愛そうです。彼には何の権力もなかったのですから。
・満州時代の建築物
・溥儀の宮廷
・旧大和ホテル

の順で写真をご覧ください。


満州時代の建築物

中国共産党吉林省委員会の建物です。どう見ても日本の城だと思ったら、関東軍司令部だったそうです。撮影禁止なので、通りの向こう側から撮りました。


現在は中国人民銀行、かつての満州国中央銀行です。


何だったか忘れてしまいました。どう見てもどこかの地方都市にある復元された城にしか見えません。


この建物もです。現在は公安が使っているようです。


この建物も忘れてしまいました。こんなのがたくさんあります。最初は物珍しいのですが、すぐにどうでも良くなってしまいました。


左の緑色の屋根の建物は、溥儀の宮廷として設計され、戦後、中国によって完成された地質宮です。その右は何なのか分かりません。


ひとつ上の写真で右に見えている建物です。背後にもうひとつそれらしい建物が見えています。手前の公園は文化広場、旧国務院の前からの撮影です。


旧国務院を北から撮影しています。


旧国務院の西からの撮影です。正面に立つ像は後に作られたものです。誰だったか忘れてしまいました。日本の国会議事堂を模したものだそうです。現在は分子生物学などの研究所として使われているようでしたが、築70年経っていますので、相当にぼろいです。こんなところで最先端の研究が本当に行われているのかどうか、ちょっと疑問ではあります。
ただし、長春の吉林大学は中国東北部の大学ではトップですから、長春のレベルは低くはないはずです。念のために言い添えれば、理系の研究に関しては、中国や韓国は、日本の研究よりも世界の研究に対する刺激という点で上です。


旧国務院を北側の文化広場から撮影しました。中国人は何故か凧が大好きで、この日も四連凧を飛ばしていました。


同じく文化広場からの撮影です。左が旧国務院、右が満州国軍事部――現在は吉林大学付属病院――です。


いつも自分の写真を撮ることにしています。これは、通訳兼ガイドとして同行してくれた中国人留学生に撮影してもらったものです。後ろに立つのはもちろん毛沢東です。私の真似をして右手を上げています。


溥儀の宮廷

溥儀の宮廷は、現在、偽満皇宮博物院として公開されています。これが正門ということになります。ここは行く価値があります。


内部に入ってすぐに目に入るのは、「九・一八を忘れるな」という江沢民の銘の入ったこれです。


溥儀が関東軍の誰かと面会しているところ。それはいいのですが、ロウ人形のできが悪くて……。ちょっと情けない。


溥儀の執務室――と言うよりも趣味の部屋みたいです。


溥儀の夫人のひとり――羨ましいことに何人か夫人がいたようです――が阿片を楽しんでいるところ。このくらい離れていれば、ロウ人形の粗が目立たない。


溥儀の愛車。まだ動きそうです。


溥儀のサングラスと懐中時計。他にも夫人たちの衣装や靴、溥儀のテニスラケットなどなど、展示物多数。ただ、コピーかもしれません。これだけコピーが氾濫していては、何となく信用できなくなってしまいます。


731部隊が解剖に使った道具として展示されていました。これが本物かどうかはどうでもいいことです。問題は、731部隊に所属していた人々の心理性、そのような部隊を生んだ日本の軍国主義の問題性です。


旧大和ホテル

今回の中国東北を巡る旅は、牡丹江〔二泊〕、ハルビン〔一泊〕、長春〔二泊〕、瀋陽〔三泊〕、大連〔三泊〕と宿泊したのですが、牡丹江を除き、すべて旧大和ホテルに滞在しました――牡丹江には旧大和ホテルがありません。上の写真は長春駅前にある旧大和ホテル、現在の春誼賓館です。残念ながらぼろホテルです。ハルピン駅前の旧大和ホテル内のレストランで食事をしたら、スープの中にゴキブリが入っていました。日本人客に対する嫌がらせではなかったと思います。日本人三人、中国人三人でしたから。


旧大和ホテル越しに長春の駅です。ご覧の通りものすごく立派な駅です。駅の上はステーションホテルになっているようです。浙江省杭州駅の上もステーションホテルになっているのですが、娘によれば、夜の駅周辺は変なのがいて危ない、ということでした。長春の駅がどうかは分かりません。ただ、乞食がたくさんいて閉口しました。
香港人によれば、中国の若い人はかなり危ない、日本人は絶対に日本人だけで旅行してはいけない、だそうです。三年前に私は日本人だけどころか、一人旅をしてしまいましたが。


旧大和ホテル内部です。踊り場のステンドグラスは復元されたものだそうです。




このウィンドウを閉じます