平頂山惨案遺址紀念館


撫順市は遼寧省瀋陽市から40キロほどのところにあります。この町に巨大な露天掘りの炭鉱があることは中学校時代の地理で私も習いました。ただし、この炭鉱が、かつて日本が中国東北部で経営していた満州鉄道の燃料を供給していたことまでは習いませんでしたが。
撫順市は炭鉱の町ですから、古い写真で見た昭和30年代の日本の炭鉱の街のようで、汚いところでした。
露天掘りの炭鉱の近くに平頂山という丘があり、このふもとの村で1932年9月16日――柳条湖事件の翌年――、3000人以上の村人が虐殺が行われたとされています。この紀念館は800体あまりの遺骨が発掘された場所の上に立てられています。まずは写真をご覧戴くしかありません。
詳細はwikipedia「平頂山事件」をご覧ください。


まずは入り口です。撫順市の博物館になっているようです。
門をくぐってしばらく行ったところに、この小さな碑が建てられていました。JR東海労組が、謝罪の意を表明するために立てたものだと刻まれていました。
平頂山の頂きに建つ碑です。
紀念館です。それほど大きなものではありません。江沢民によって推進された愛国教育基地建設以前からあるものです。紀念館の背後には炭鉱労働者の住宅が見えます。
内部です。説明の要はないでしょう。
上は私のベストショットです。
撫順の露天掘りの炭鉱です。想像以上の大きさです。ここで採掘された石炭が東北三省の経済を支えてきました。

このウィンドウを閉じます