キエフ市 バビ・ヤール渓谷


キエフ訪問の目的はここです。そのくせあまり写真を撮っていません。写真を撮りにくい場所だったからです。どういう意味か理解していただくためには、ご自身で行っていただくしかありません。ここは、一日としては最大の犠牲者を出した虐殺の現場です。歩く足の下には遺体があります。

上のグーグルの衛星画像では左上に見えます。ウクライナ語をラテン文字で置き換えているためにBabyn Yarとなっています。ウクライナ語ではБабин Яр、ロシア語ではБабий Яр、英語ではBabi Yarとなるようです。キエフの中央駅は画像の下やや右です。下の画像はバビ・ヤールを拡大したものです。左下の地下鉄駅から、右上のキリル教会まで森の中を歩いて往復しました。
この場所の詳細はwikipedia「バビ・ヤール」をご覧ください。



この地で犠牲になったのはユダヤ人だけではありません。多くのキエフ市民も殺されました。シンティ・ロマの人々もです。ですが、やはり最大の犠牲者はユダヤ人でした。バビ・ヤール渓谷には犠牲となった人々のための碑が建てられています。これはユダヤ人のための碑です。


この地で犠牲になった子供たちのための碑


現在では、渓谷というほど深い谷ではありません。最も深いところでも高低差は10メートルもないと思います。しかし、かつての高低差を埋めたのが、約10万とも言われる犠牲者の遺体だと思うと、足が地につきません。ほとんどの遺体は証拠隠滅のために掘り返されて焼却されたとはいえ、「すべての遺体が」ではないからです。


何匹か猫を見かけました。野良猫にしては栄養状態がよさそうでしたし、そんなに近くには住宅はありませんし、良く分かりません。大型犬の散歩をする人は見かけました。


ようやくバビ・ヤールを歩き終わってキリル教会に出ました。


キリル教会の右後方にあります。教会付属の宿泊施設のようでした。
バビ・ヤール渓谷に食い込む形でいくつかの建物がありますが、ひとつは刑務所のようでした。グーグルのストリートビューで見られますが、塀の上に鉄条網がありますから、少なくともホテルではないはずです。



気分直しに少しだけ観光案内を。
キエフはモスクワよりも古い正教の都ですから、見どころはたくさんあります。東部ではロシア人勢力との交戦が続いていますし、クリミア半島はプーチン政権が着々と実効支配を既成事実化しつつあります。ウクライナの未来は不透明です。キエフでもデモや暴動があるようですから、あまり油断して歩いているわけにはいきません。
上の写真は滞在したホテルIBISからキエフ中央駅を撮影したものです。2010年頃(?)にこの駅でテロがあり、見えている部分が爆破されました。2015年には修復が終わっていました。この駅はこちら側から見ると大きくは見えませんが、奥行きが200メートルほどあります。空港との往復はSKY BUSが運航されており、一時間弱ほどで行くことができます。この駅で困るのは、駅構内も周辺もホームレスの人々がたくさんいることです。行き場のない東部からの避難民もいるのかもしれません。
キエフで面白かったのは地下鉄です。モスクワと同じように、戦時の防空壕として使うことを考慮したのだそうですが、どこでも地上の駅からホームまでが深さ70~80メートルほどもあるかと思われるほど深いところにあるのです。エスカレーターはありますが、一駅なら歩いてしまった方が早いくらいです。
キエフの地下鉄は三路線ありますが、乗り換えはウクライナ語のアルファベットすら分からない者には簡単ではありません。私はまったく分からないので、キョロキョロしていると通りがかったおばさんが指さして教えてくれました。キリル文字を覚えておくべきでした。
ただし、ホテルや駅では問題なく英語が通じます。キエフ駅でポーランドのルブリンまでの寝台列車の切符をスムーズに買えました。基本的にはキエフの人たちはみんな親切ですから何とかなります。運さえよければ。
キエフでとりわけきれいな教会をいくつかご覧いただきます。説明は抜きにします。





この教会が傾いているわけではありません。広角レンズによる歪みです。もうひとつ、右上は汚れではなく「月」です。





左は無名戦士の碑。右後方に見えるのは "Ukrainian Genocide Holodomor Memorial Museum" 「ウクライナ民族浄化ホロドモール記念館」としか訳せません。「ホロドモール」とは、スターリンによって計画的に引き起こされたウクライナ人の大量飢餓死です。詳細はwikipedia「ホロドモール」をご覧ください。



ちょうど三人出てきますが、階段を降りると当時の写真などが展示された博物館になっています。


街角にありました。


このウィンドウを閉じます