ヴァイマル市 ブーヘンヴァルト強制収容所 Konzentrationslager Buchenwald


ブーヘンヴァルト強制収容所はヴァイマール市中心から北西に7キロほどのところにあります。上のヴァイマール駅からバスが一時間に一本だけ出ています。駅から強制収容所に向かう道はずっと上り路になっていて、収容所は丘の上にあります。下の画像の真ん中あたりの森はかつての工場群があった場所で、標高で言えば工場群が最も高いところにありました。


この衛星画像は右が北です。
この収容所が解放されたのは1945年4月11日であったといいますから、最も遅く解放された収容所のひとつです。しかも、アメリカ軍によって解放されました。設立当初――1937年7月――はドイツ人刑事犯が収容されましたが、やがてドイツ人政治犯が、1938年11月の「水晶の夜」以降はユダヤ人、1939年のチェコスロバキア併合以後はチェコ人が送り込まれました。さらに、1941年の独ソ開戦によってソ連軍の捕虜も送り込まれました。
この収容所の設立目的は、この地で産出される粘土からレンガを作ることでしたが、やがてIG・ファルベン・インダストリーなどが進出して、強制収容所の労働力を利用するようになりました。その点でここは強制労働収容所でした。このために、上の画像にふたつ "Gedenkstätte Buchenwald" がありますが、その間の森も右のバラックの背後もすべて工場や作業所でした。
飢餓・病気で死んだ多くの収容者がいましたが、ソ連軍の捕虜は銃殺された場合が多く、遺体は収容者に大きな穴を掘らせて埋めました。バラック後方が現場です。
詳細はwikipedia「ブーヘンヴァルト強制収容所」をご覧ください。


バスは扇形のかなり広い駐車場に着きます。手前に見える建物にトイレとカフェが、次の建物にはインフォメーションがあります。その先の四棟には青少年教育センターのようなものがあります。宿泊しながら勉強するようです。


上の画像で "Buchenwald" の文字の下に少し森が切り開かれた箇所があります。そこが鉄道の引き込み線の終点です。ほとんどの収容者はここに着きました。


ホームはかなり広く、二本の線路が残されていましたが、さらに待避線を二本作れるくらいのスペースがありました。


ブーヘンヴァルト強制収容所は現在使われていませんので、線路も使われていません。
これは冗談で書いているのではありません。ミュンヘン近郊のダッハウ市にあるダッハウ強制収容所のバラックはすべて破壊されて残っていません。しかし、別館が残っていて、難民とホームレスの収容所として使われています。
いつの日かここに新しいバラックが建てられて、「イスラム教徒の難民収容所となる」などというニュースが流れてショックを受けるかもしれません。


収容者は列車を降りた後、右に曲がると鉄条網が見えました。鉄条網に沿って歩くと、この正門の前に出ます。


正門には "Arbeit Macht Frei!" ではなく、 "JEDEM DAS SEINE" が掲げられています。これは「各人に各人のものを」と訳され、「正義」を表わすローマ法以来の伝統ある言葉だそうです。詳細はwikipedia「各人に各人のものを」をご覧ください。
この写真は正門の外から撮影しています。したがって、収容所の中から読むように作られているのです。他の収容所では、収容者が収容されるときに読むようにできているのとは性格が異なるようです。


いつかまたこの鉄条網に電気が流される日が来ませんように。


正門を入って左に残されている独居棟です。


独居棟内部


バラックの並んでいた場所です。残骸が残っているところもあります。




工場のあった森への階段。森は60年以上放置されていますから、もはや自然の森に近づいています。


バラックの背後にある捕虜となったソ連兵が銃殺された場所。本来は馬の調教場でした。


ここでも捕虜となったソ連兵が銃殺されました。本来は厩舎でした。
アメリカ軍が迫ったとき、多くの収容者はチェコのテレジエンシュタット強制収容所へと移送されましたが、残された収容者で最も多かったのは、銃殺を免れたソ連兵でした。彼らはほとんど食料を与えられず、餓死寸前でした。


強制収容所長などSS高官の官舎跡。


強制収容所長などSSの高官の官舎跡。石垣と階段の一部が残されているのみ。
ふたつの "Gedenkstätte Buchenwald" を結ぶ森の中の道の途中にあります。


場所が戻ってしまいますが、SS高官らは正門近くで熊を飼っていたそうです。


犠牲者の碑。こんなものを建てても、犠牲者は喜びません。塔の上の文字はラテン数字で、1945年。


遺体が埋葬された場所だそうです。


ドレスデンに宿泊して、ヴァイマール日帰り旅行をしました。行きはライプツィヒ経由、帰りはエアフルト経由にしてみました。エアフルトの町もすっかりきれいになっていて、かつての東ドイツの面影は見つかりませんでした。駅などはかえって旧西ドイツよりも新しいです。ただし、駅前に乞食がいるのは困ったものです。もう行きたくありません。私は乞食は嫌いです。理由はありません。単純に感情的なものです。



このウィンドウを閉じます

このサイトのトップページに戻ります