マウトハウゼン強制収容所


 マウトハウゼン強制収容所の写真のページを開きます


グーグルの衛星画像を拝借させていただきます。ここは比較的狭い強制収容所ですから、これでほぼ全体図になります。中央やや下に博物館のマークがありますが、その右下が正門です。正門を入って少し進み、くるりと右回りするともう一度門があって、ここがバラックの入り口になります。
上空からではわかりにくくなってしまいますが、左上部分が窪地になっていて、池が二つあります(この衛星画像では干上がっています)。この周辺が採石場、その上に細い道が収容所まで続いていて、これが「死の階段」です。

写真は疑似体験ができるように、強制収容所の見学の順序に従って並べてあります。上のボタンを押すと写真のページが開きますので、あとは各ページの一番下にあるアイコンをクリックしてください。
まずはマウトハウゼン強制収容所への行き方から。詳しくはオーストリア国鉄のページをご覧ください。ついでですから、リンクを張っておきました。ドイツ語がだめでも、英語のページもありますから、オーストリアの地図を片手に遊べます。私もこのサイトで、マウトハウゼンへの行き方を調べました。

さて、マウトハウゼンは、リンツのちょっと手前ですから、ザルツブルク方面行きに乗れば良いのですが、ECではだめです。ICに乗る必要があります。ウィーン西駅発7:34〔IC690〕、St.Valentin着9:13。乗り換えて、St.Valentin発9:53、Mauthausen着10:01。マウトハウゼンはひとつ目のようなふたつ目のような駅です。ひとつ目の駅は止まれと言わないと止まらないようです。バスみたいです。バスのように、降りるなら押さなければならないボタンがありました。St.Valentinは小さな駅ですから、ECは停車しません。駅にコンビニがありますし、駅前にカフェくらいはありました。
最初の写真の列車でSt.ValentinからMauthausenまで行きました。読めるでしょうか、St.NikolaStruden行きです。一両編成で、運転手さんは運転席に子供を二人乗せて運転していました。乗るときに行き先を言っておきましたので、降りるときにちゃんと教えてくれました。二人の子供は日本人が珍しいようでした。猿のようにキーキー、キャーキャー言っていました。Mauthausen駅から先はタクシーしかありません。駅から4,5キロありますから、歩くにはちょっと遠すぎます。帰りはどうしようとタクシー運転手に言ったところ、名刺をくれて、強制収容所のインフォメーションで言えば電話してくれるから、と言われました。というわけで、帰路も同じタクシーを使いました。それぞれ10EURO(約1300円)でした。
ついでですから、帰路の時刻表も書いておきます。Mauthausen発15:31、St.Valentin着15:39、乗り換えて、St.Valentin発15:48〔IC647〕、ウィーン西駅着17:33。帰りは乗継が良かったので、片道2時間でした。マウトハウゼンからの列車は1時間に1本です。次の列車16:31に乗れば、乗り継ぎはまったく同じ時刻に列車がありますので、ウィーン西駅着18:33分になります。なお、料金は二等の往復切符を買いましたので、44EURO(約5700円)でした。ウィーンから行く場合には、これが一番順当な方法でしょう。マウトハウゼンという町自体、ドナウ川沿いの小さな町で、ささやかな旧市街とおしゃれなガストホーフ〔ドイツ風の民宿〕がありますので、ここで一泊するというのも悪くないでしょう。
マウトハウゼン強制収容所の公式サイトもぜひご覧ください。強制収容所内の地図、日本語によるメッセージもありますので、ドイツ語が分からなくても役に立つと思います。

以前はこのように書いたのですが、2016年9月に確かめたところ、日本語はなくなっていました。 wikipedia「ハウトハウゼン強制収容所」もご覧ください。


このウィンドウを閉じます