ザクセンハウゼン強制収容所の写真のページへ
生体実験が行われた診療所の写真のページへ

2000年3月10日21時41分クラクフ発、3月11日8時01分ベルリンZOO駅着。フランクフルト・アン・デア・オーデルで国境を越えたのですが、またまたパスコントロール。税関も来ます。オーデル川は思っていたよりもずいぶん小さな川でした。ドイツに入ってフランクフルト・アン・デア・オーデル駅にかなり長く(寝ぼけてました)停車して、パスポートと荷物のチェックに来ます。税関の係官が、私の黒いスーツケースを見て、開けろと言うのです。耳を疑いました。

10年前のイスラエル以来、スーツケースを開けろと言われたのはこれで2度目です。手荷物はフィルムを入れているためにどうしてもチェックされますが、スーツケースを開けろとは、よほど私は怪しかったのでしょうか。下着やクラクフで1100円だったセーターしか入っていませんので、問題はなかったのですが、大量のフィルムを持っているのを見て、しばらく係官は考えていました。そういえば、フィルムに持ち込み制限のある国があるのですね。

行きに泊まったホテルまで荷物を預けに行き(駅のコインロッカーの大きいのが空いていなかったので)、地下鉄で絵画館へ。土曜日なのにすいていて、ブリューゲル、フェルメール、ボッシュなどを堪能。

ザクセンハウゼン強制収容所は、ベルリンの北、30kmほどのところ、オランニエンブルクにあります。ベルリンからSバーンの1で約30分ほどです(終点)。駅からそのまま北に向かって300m歩くと右に鉄橋があります。鉄橋をくぐって、また300m歩くと信号がありますからそれを左へ、また300m歩くと右がザクセンハウゼンという案内板がありますので、それに従えば正門があります。駅から徒歩20分くらいかかります。

私は下手くそなドイツ語で駅近くの花屋さんで道を尋ねました。駅周辺には案内板がないようでした。ベルリンからオランニエンブルクまでは450円ほどで1日有効の乗り放題の切符がありますから、それが便利です。ZOO駅前の案内所で買えます。

ザクセンハウゼンへ行ったときも雨は降っていませんでしたが、どんよりと曇り。ただ、ここは特に、ビルケナウのような陰鬱さがなく、何となく明るい雰囲気です。アウシュヴィッツ・ビルケナウの後だからそう感じたのであって、そうでなければまったく違っていたでしょうが。ただ、生体実験が行われた診療所は、明るく清潔そうなだけに、そこで行われたことを考えるといっそう怖いです。

以上は2000年の話。2016年に再訪しましたので、別にページを立てる予定です。いろいろと違っていました。2000年にはなかったベルリン中央駅ができていました。アウシュヴィッツもですが、ザクセンハウゼン強制収容所も変わっていました。整備が進んで観光地としては良くなったのですが、強制収容所の怖さが薄れてしまっていました。仕方がありません。


このウィンドウを閉じます