エ ル サ レ ム    イ エ ス = キ リ ス ト
   ガ リ ラ ヤ 湖 と 死 海    イ ス ラ エ ル の 風 景

イスラエルを初めて訪れたのは1991年頃ですから、もうずいぶん昔の話になりました。イスラエル訪問を機に写真を始めましたので、初心者でしたから、下手くそな写真ばかりです。撮り直しに行くこともできませんから、仕方がありません。
当時のイスラエルは、パレスティナ人の自治が始まっていませんでした。パレスティナ人にとって、抑圧された状況ではありましたが、旅行者にとっての危険は今ほどではありませんでした。それでも、小さくても彼らの国を作らなければ、そのうちに爆発するだろうと強く感じたのを覚えています。
立派な道路や住宅が建設されていましたが、作るのはパレスティナ人労働者、使うのはユダヤ人です。パレスティナ人に対する厳しい検問も行なわれていました。
自治区が設定され、良くなる兆しもあったのですが、今や分離壁(アパルトヘイト・ウォールと呼ばれています)が作られ、イスラエル政府は、パレスティナ人をまるでゲットーに閉じ込めようとしているかのような事態になっているのはご存知の通りです。
現在、非常に難しい方程式になってしまっていますから、どうすれば戦いが終わるのか、どうすればせめてパレスティナ人による自爆テロがなくなるのか、誰にも解が出せません。

〔エルサレム〕には神殿の丘の写真を中心に25枚あります
〔イエス=キリスト〕には14枚
〔ガリラヤ湖と死海〕には13枚
〔イスラエルの風景〕には21枚、それぞれありますが、どれも写真の出来が良くありません。撮り直しに行ける日の来ることを祈りつつ。
イスラエルはその後、四回、1991年頃を含めると通算で五回行ったことになります。体力的に問題がなければ、また行くことになりそうです。

イスラエル『ホロコースト記念館』の写真もご覧ください


このウィンドウを閉じます