2016年ポルトガルとスペインの旅 その弐

2016年2月末、成田からリスボン行きの航空券、リスボン三泊分のホテル予約、マドリードから成田行きの航空券だけを持って出かけました。今回も時間は二週間。ポルトガルとスペインは20年以上前に一度行ったことがありますが、リスボンにもう一度見たい絵がある、サンティアゴ・デ・コンポステーラへ行ってみたい、トレドも行きたい、もう一度プラド美術館も行きたい。
出かけるときに心配だったのは、リスボンからサンティアゴ・デ・コンポステーラへの移動でした。鉄道での移動は、かつてはできたのですが、今はマドリードを経由するしかなさそうでした。ALSAのバスなら、リスボン発、ポルト経由でサンティアゴまで行けそうでした。ただ、ポルトガル国鉄やスペイン国鉄が時刻表通り走っているか? ALSAのバスは?
結果から言えば、心配ご無用! でした。ドイツ国鉄がむちゃくちゃくに遅れてごめんなさいの一言もないのに対して、ポルトガル国鉄もスペイン国鉄も、ALSAのバスも、少なくとも私が乗った範囲では時間どおりでした。驚きました。
もうひとつ驚いたのは、20年以上前に比べて、交通マナーが驚くほど改善されていたことです。横断歩道のそばに立てば自動車はきちんと停まってくれます。もちろん信号も守ります。本当にこいつらはスペイン人か! と驚きました。
ポルトガルは別ページにしました。このページはスペインだけにしました。サンティアゴ・デ・コンポステーラとトレドは写真の数が多いので下のリンクをクリックしてください。マドリードの写真が7枚しかありませんので、このページに掲載しました。

サンチャゴ・デ・コンポステーラ

ト レ ド


2016年3月 マドリード

アトーチャ駅です。左後方はバスターミナルです。ここからバスで空港へ行くこともできます。


20年以上たって、アトーチャ駅のなかはすっかり新しくなっていますが、植物園のようになっているスペースは変わりません。


マドリードの宿をアトーチャ駅の近くにしたのは、ここプラド美術館と斜め前に「ティッセン=ボルネミッサ美術館」"Museo Thyssen Bornemisza" がアトーチャ駅から徒歩10分ほどのところにあるからです。特に、プラドは名品ぞろいです。


プラザ・メイヤーです。確かにマドリードの中心にあるのかもしれませんが、行ってみても、なぜそれほど有名なのかさっぱり分かりませんでした。夜景の撮影にでも行けばまた違った印象なのでしょうが、美術館はかなり体力を消耗しますので、夜はもう食べて風呂に入って寝るだけになってしまいます。


王宮の南隣の「サンタ・マリア・カテドラル」です。


王宮です。実際にスペイン国王がここに住んでいるわけではないと思います。モナコにでもいるのではないでしょうか。


手前はゴヤの壁画で有名な "Ermita de San Antonio de la Florida"



このウィンドウを閉じます