ヨルダン川西岸 パレスティナ


昨年テル・アヴィヴで知り合った女性との再会、ヘブロンにあるアブラハムの墓の訪問、ラマラ近郊ビリンで毎週金曜日に行なわれているイスラエルの占領に反対するデモへの参加、ナブルスのゲリジム山――サマリア人の聖地です――訪問、ナブルスでのオリーブ石鹸の購入を目的に、2010年2月23日に出発、3月11日に帰国しました。
どうしてもテル・アヴィヴ経由になってしまいますので、テル・アヴィヴで前後それぞれ二泊した以外は、ずっとヨルダン川西岸に滞在しました。エルサレムではバスを乗り換えただけです。エルサレム観光を全くしない観光客は珍しいでしょう。
テル・アヴィヴ以外は南から北へ向かう順路を取ります。ヨルダン川西岸での実際の旅程は、ラマラ2泊、イェリコ1泊、ヘブロン2泊、ベツレヘム2泊、再度ラマラ2泊、ナブルス2泊です。移動はすべてバス、テルアヴィヴでの宿泊が前後にあります。
前年、テルアヴィヴ空港の入国審査で不審人物だと思われたのか――独り旅の老人は少ないでしょうから――、一時間半も質問攻めにあいましたが、今回は同じ飛行機に乗り合わせた女性がイスラエル政府の何かの機関からの「招待状」を持っていて、彼女の仲間だと思わせることに成功しました。彼女の後にくっついてするりと入国できました。深夜1時頃に到着する便だったので、彼女とタクシーの相乗りでテルアヴィヴの市街へ向かいました。彼女が予約していたホテルと私が前年に何泊かしたホテルが近所でしたので、そこでタクシーを降り、彼女のチェックインを見届けてから徒歩で目当てのホテルに向かいました。深夜2時をかなり回っていて、フロントも寝ていましたが、チャイムで叩き起こして宿泊させてもらいました。やれやれ。
このホテルは、アメリカ大使館のすぐそばで便利な場所にあるのですが、コールガールを呼ぶことができたりして、ちょっと怪しげな面もありますので、ご紹介も推薦もしないことにします。私はコールガールを呼んだりしたことはありません。


  テル・アヴィヴ   ヘブロン
  ベツレヘム   イェリコ
  ビリン   ナブルス



このウィンドウを閉じます

このサイトのトップページに戻ります