ウィーン〔ウイーン Wien〕 主に2004年3月

 反ユダヤ主義の町ウィーン
ウィーンにどんなイメージをお持ちでしょうか。ナチズムに多少なりとも興味を持つ者にとってウィーンは、ヒトラーが反ユダヤ主義に染まった街です。それを表す場所が、ウィーンにもいくつか残されています。また、ウィーンから電車で二時間ほどのところにはマウトハウゼン強制収容所があります。
マウトハウゼン強制収容所は別のページを作りましたので、そちらをご覧ください。

 ユダヤ人墓地
ウィーンの中央墓地にはユダヤ人区画があります。ナチス時代に破壊されましたが、現在は完全ではありませんけれども復元されています。
一度破壊したものを元に戻すことは不可能です。

 外国人労働者問題
カールス・プラッツの博物館で、外国人労働者問題に関する展示を行っていました。2004年3月のことですが、それ以前から外国人労働者問題は深刻でした。ドイツではトルコからの出稼ぎ労働者が多かったのですが、この頃は旧ユーゴスラビアからの出稼ぎ労働者や難民が多い時期でした。
これに加えて、2015年以来、中東・アフガニスタンなどからの難民が急増していますので、オーストリアでも大きな問題になっているのは言うまでもありません。日本は政治難民も経済難民も受け入れません。無制限に難民を受け入れることは難しいでしょうが、より安全な、より豊かな生活を求める権利は誰にもあるのではないか、と考えるのは間違っているでしょうか。
低コストの労働力として出稼ぎ労働者を使おうと考えている人々が日本にもいます。現に、ドイツが難民を受け入れる決断をしたのは、難民の人権を尊重するためなどではなく、企業の競争力向上に役立つという判断からです。

 ウィーン市内を中心とした風景写真です。

 ウィーン市内で撮影したスナップ写真です。




このウィンドウを閉じます