2011年春 パレスティナ

誤解されると困りますので、申し上げておきます。私はジャーナリストに間違われることはありますが、いかなる意味においてもジャーナリストではありません。ただの観光旅行者です。基本的に独り旅です。独り旅には良いことがふたつあります。
ひとつはきちんと計画を立ててそれに従って行動することができないという私の性格によることなのですが、自分の気分で行動できることです。いつも往復の航空券と最初の二泊か三泊のホテル予約だけを準備して出かけます。大体の旅程は前もって考えてはいますが、かなり行き当たりばったりです。このときには、ホテルの予約は一切なしで出かけました。テルアヴィヴは四回目でしたから、安宿の当てはありました。もちろん、うまく泊まれました。イスラエル占領下のパレスティナのホテルは予約を試みたことがありません。少なくとも "booking.com" からはできません。それでもホテル捜しに困ったことは一度もありません。大丈夫。誰かが助けてくれます。
独り旅のもうひとつの利点は、自分のことだけを考えれば良いことです。万が一、スリ、置き引きなどの危険があったときに、自分の身と自分の荷物のことだけを考えれば良いので楽です。同行者がいれば、同行者のことも考えなければなりませんから、危険が増すのです。
イスラエル軍の催涙ガス弾が飛んできたときに、独りなら自分が当たらないように注意すれば良いだけです。同行者がいれば、同行者の安全まで気にしなければなりません。これは私の能力を越えます。だから独りなのです。
今回の旅程は、テルアヴィヴ二泊(深夜着なので実質的には一日休むだけです)、ヘブロン二泊、ベツレヘム二泊、ナブルス三泊、エルサレム三泊、テルアヴィヴ二泊、イスタンブール一泊です。帰路のテルアヴィヴは疲れが出て一日ホテルで寝ていました。

下のリンクをクリックしてください。

 テルアヴィヴとイスタンブール  パレスティナ紛争の最前線 ヘブロン  ユダヤ人入植地 キリヤット・アルバ
 イエスの生誕地ベツレヘムの分離壁  ベツレヘム 羊飼いの野  ナブルスとバラタ難民キャンプ
 ジェニーンとジェニーン難民キャンプ  ビリーン村の反イスラエルデモ  エルサレム 神殿の丘
 違法占拠されたエルサレムの住宅  共住の町アッコ(アッカ)

2011年2月24日午後、気の早い人がもう泳いでいました。
テルアヴィヴで泊まるホテルはいつも同じです。海岸に近くて、場所が分かりやすい、安い! これが理由です。ただ、コールガールを呼ぶことのできるホテルらしいので、ホテル名は伏せることにします。お勧めしません。予約せずに五回か六回行ったことがありますが、深夜に行っても問題なく泊まれました。
ここで面白い経験をしました。イスラエルの通貨はシェケルですが米ドルがそのまま使えます。精算時に、シェケルならいくら、米ドルならいくらかを質問して、電卓を借りて計算したところ、米ドルで払った方がいくらか安かったのです。米ドルを少し持っていましたので、米ドルを使って、ついでに端数(数ドルです)を値切りました。両替を考慮すれば逆でなければならないはずなのですが、それだけ米ドルが欲しい経済環境だということのようです。


このウィンドウを閉じます