二十世紀負の遺産
――苦難の世紀を振り返る――
Negative Legacy from the 20th Century


21世紀に負わされた《20世紀の負の遺産》を訪ね歩いています。20世紀は渦中に生きた者たちにとって苦難以外の何ものでもありませんでした。いつの日か、20世紀に起こった出来事が笑い話になることを願っています。核兵器も独裁者も、私利を追い求める政治家や役人も、民族浄化も子供に銃を向ける兵士もいなくなれば、20世紀を笑えます。
諸悪の根源のひとつが《宗教》にあることは誰の目にも明らかです。ユダヤ教・キリスト教・イスラム教という一神教が本質的に独善的・排他的・虚偽の塊であることに異論の余地はありません。それに対して、仏教は諸宗教の中でも本質的に穏やかな宗教であることは周知のところです。また、ミャンマー(ビルマ)が仏教徒の多い国であることも良く知られています。ところが、ミャンマー(ビルマ)軍によるロヒンギャと呼ばれる人々に対する迫害――レイプを含む――が長年にわたって続いていることをどれだけの人々が関心を持って見ているでしょう。私は1990年代後半頃からこの問題にかかわるニュースを注視しています。2012年1月にアウンサンスーチー女史が政治の表舞台に復帰した時には、ロヒンギャの人々にも何らかの状況の改善がありうるのではないかと期待しましたが、完全な期待外れに終わりました。彼女もまた彼らを「アウトカースト」と見なし、人間であることを認めず、軍の蛮行を黙認しています。仏教は「カースト」を認めていないのですが、それでもロヒンギャの人々は「アウトカースト」だそうです。道元は「人々皆仏法の器なり」と言ったそうですが、ロヒンギャの人々は「人々」に含まれていないと、ミャンマー(ビルマ)軍兵士のみならず、アウンサンスーチー女史も考えているようです。
ビルマ(ミャンマー)の人々――ロヒンギャの人々を含む――はたくさん日本に住んでいます。軍事政権時代に日本に逃れてきた人々がその核になっています。亡命(ビルマ)ミャンマー人と呼んで良いのでしょうか、日本在住の彼らの間にも対立があります。ビルマ(ミャンマー)人のロヒンギャの人々に対する差別意識はすさまじいものがあります。新宿区の高田馬場駅周辺にはたくさんのビルマ(ミャンマー)人が集まっています。お近くならぜひ高田馬場を訪れて、試しに誰かに「あなたはロヒンギャですか」と質問してみてください。必ず少し離れていてください。殴り掛かられる危険があります。大変な侮辱と受け取られてしまうのです。
閑話休題。youtubeを見ていて、《キリスト教徒の本質》を見事に表わす動画を見つけました。リンクは面倒ですから、しばらくお借りすることにしてダウンロードしました。ファイル形式をmp4に変換してありますから、先頭の画像を右クリックすればご覧いただけます。見よ! これが《キリスト教徒》 《キリスト者》です。ナザレのイエスがこれを見たら、泣くでしょうか? 笑うでしょうか?
    「イエスが処刑された場所にたつ聖墳墓教会で喧嘩をする聖職者たち」
    「イエスが誕生したとされる場所にたつ聖降誕教会で喧嘩をする聖職者たち」
このサイトは写真ばかりで構成されています。ファイルサイズの大きい写真も含まれていて、スマホなどで閲覧すると通信料金がすご~くかさみますし、サイズ的にも無理があります。PCで閲覧してください。

Contents 全 体 の 目 次

2017年 サラエボからプラハへ from Sarajevo to Praha
サラエボ、スレブレニツァ、ポトチャリ、モスタル、ザグレブ、ヤセノヴァツ、ヴコヴァル、ベオグラード、ブダペスト、ブラスティラバ、トレンチーン、トシェビーチ、プラハ、クトナー・ホラ、テレジーン、リトミエルジツェ
Sarajevo, Srebrenica, Potočari, Mostar, Zagreb, Jasenovac, Vukovar, Beograd, Budapest, Bratislava, Trenčín, Třebíč, Praha, Kutná Hora, Terezín, Litoměřice
2016年 ベルリン、ドレスデン再訪
グルーネヴァルト駅17番線、ヴァンゼー会議、T4作戦、ホロコーストの犠牲となったユダヤ人のための碑、ヒトラーの地下壕、オットー・ヴァイト、新シナゴーグとユダヤ博物館、East Side Gallery、ベルリンの壁、涙の宮殿、ドレスデンの旧市街
2016 Berlin & Dresden [the second time] --- Grunewald Bahnsteig 17, Wannseekonferenz, Aktion T4, Memorial to the Murdered Jews of Europe (Denkmal für die ermordeten Juden Europas), Führerbunker, Museum Otto Weidt’s Workshop for the Blind (Museum Blindenwerkstatt Otto Weidt), New Synagogue, Jüdisches Museum Berlin, East Side Gallery, Wall, Tränenpalast, Dresden Altstadt
2016年 ニュルンベルク  ニュルンベルク裁判、ナチス党大会、デューラーハウス
2016 Nürnberg --- Trial of the Major War Criminals Before the International Military Tribunal, Dokumentationszentrum Reichsparteitagsgelände, Albrecht-Dürer-Haus
2016年 女性用強制収容所ラーフェンスブリュック強制収容所
2016 Fürstenberg/Havel --- Konzentrationslager Ravensbrück
2016年 ザクセンハウゼン強制収容所再訪  ソビエト特別刑務所
2016 Sachsenhausen [the second time] --- Konzentrationslager Sachsenhausen, "Museum Sowjetische Speziallager Nr.7 / Nr.1 1945-1950"
2016年 ヴァイマール市 ブーヘンヴァルト強制収容所  2016 Weimar --- Konzentrationslager Buchenwald
2016年 ミュンヘン近郊 ダッハウ強制収容所  2016 Dachau --- Konzentrationslager Dachau
2015年 ウクライナ共和国キエフ市 バビ・ヤール渓谷  2016 Kiev --- Babi Yar
2015年 ポーランド共和国ルブリン市 マイダネク強制収容所
2015 Lublin --- Majdanek, Konzentrationslager Lublin
2015年 アウシュヴィッツ強制収容所再訪
2015 Oświęcim --- Konzentrationslager Auschwitz [the second time]
2015年 アウシュヴィッツ第二強制収容所 ビルケナウ再訪
2015 Oświęcim --- Konzentrationslager Birkenau [the second time]
2015年 ポーランド共和国クラクフ再訪  カジミエシュ、クラクフ旧市街、ヴィエリチカ
2015 Kraków [the second time] --- Kazimierz, Old city in Kraków, Wieliczka
2015年 ポーランド共和国ワルシャワ  2015 Warszawa Ghetto
2014年 ラトビアとリトアニア
ヘルシンキ、タリン、リガのゲットーとラトヴィアのホロコーストの博物館、占領博物館、ラトビア戦争博物館、医療の歴史博物館、ユダヤ博物館、グリーンハウス、KGB博物館、ジェノサイド博物館、第九城塞、十字架の丘
2014 Latvija, Lietuva --- Helsinki, Tallinn, Rīgas Geto un Latvijas Holokausta muzejs, Latvijas Okupācijas muzejs (Riga), Latvijos karo muzijeus (Riga), Paula Stradiņa medicīnas vēstures muzejs [Pauls Stradiņš Museum for History of Medicine] (Riga), Museum Valstybinis Vilniaus Gaono zydu muziejus [Vilna Gaon Jewish State] (Vilnius), Genocido aukų muziejus [Museum of Genocide Victims], KGB Museum (Vilnius), Ninth Fort (Kaunas), Domantų piliakalnis (Šiauliai)
2014年 アイルランド・北アイルランド  ダブリン、ベルファスト、デリー
2014 Ireland, Northern Ireland --- Dublin, Belfast, Derry
2011年&2013年 エジプト  2011 & 2013 Egypt
2012年 コソボ・マケドニア・アルバニア
プリシュティナ、デチャニ修道院、ペーヤ修道院、オフリト、ティラナ、デュラス、プリズレン、ミトロヴィツァ、グラチャニツァ修道院、プリシュティナ駅
2012 Kosova, Македонија, Shqipëria --- Prishtinë, Manastiri i Decanit, Pejë, Охрид, Tiranë, Durrës, Prizren, Mitrovicë, Manastiri i Graçanicës, Stacioni i trenit Prishtine [Railway Station Pristina]
2011年秋 五回目のパレスチナと初めてのヨルダン  アンマン、アレンビー橋、ビリーン
2011autumn Palestine [the fifth time] & Jordan [the first time] --- Anman, Allenby Bridge, Bil'in
2011年春 四回目のイスラエル・パレスチナ
テルアヴィヴ、ヘブロン、キリヤット・アルバ、ベツレヘム、羊飼いの野、ナブルス、バラータ難民キャンプ、ジェニーン、ジェニーン難民キャンプ、ビリーン、アラファト議長の墓、エルサレム、アッコ
2011spring Palestine [the fourth time] --- Tel Aviv, Hebron, Kiryat Arba, Shepherds' Field, Nablus, Balata Refugee Camp, Jenin, Jenin Refugee Camp, Bil'in, Arafat Mausoleum, Jerusalem, Acre
2010年 ヨルダン川西岸 再々訪  テルアヴィヴ、ヘブロン、ベツレヘム、イェリコ、ビリン、ナブルス
2010 Plestine [the third time] --- Tel Aviv, Hebron, Bethlehem, Jericho, Bil'in, Nablus
2009年 ルーマニア・ブルガリア・マケドニア
ブカレスト、ソフィア、リラ修道院、オフリト、ナウム修道院、スコピエ
2009 România, България, Македонија --- București, София, Рилски манастир, Охрид, Monastery Saint Naum of Ohrid, Скопје
2009年 トルコ・パレスティナ 再訪
イスタンブール、ティベリア、山上の垂訓教会、ナザレ、エルサレム、ベツレヘム、ヘブロン、テルアヴィヴ
2009 Türkiye & Palestine [the second time] --- İstanbul, Tiberias, The Beatitude Monastery, Nazareth, Jerusalem, Bethlehem, Hebron, Tel Aviv
2008年 ヴェネツィアのゲットー  2008 Italia --- Ghetto in Venezia
2008年 南京大屠殺紀念館再訪  2008 Nanjing [the second time] --- Nanking Massacre
2005年夏 大久野島 ―― 瀬戸内海の毒ガス島  2005summer Ohkuno-Island --- Poison Gas Museum
2005年夏 広島 ―― 原爆ドーム  2005summer Hiroshima --- The Atomic Bombing
2005年 瀋陽 ―― 柳条湖(九・一八)事件  2005 Shenyang --- 9.18 Historical Museum
2005年 遼寧省旅順市 ―― 203高地  2005 ---
2005年 平頂山惨案遺址紀念館  2005 Pingdingshan --- Pingdingshan village massacre
2005年 長春 ―― 日本の植民地だった頃の建造物  2005 Changchun --- Old Japanese Buildings
2004年 サラエボ  スナイパーストリート、グルバヴィッツァ、バシチャルシャ
2004 Sarajevo --- Sniper Street, Grbavica, Baščaršija
2004年 ドブロヴニク  2004 Dubrovnik --- Old city
2004年 モスタル ―― 戦争の傷跡  2004 Mostar --- The Scars of the War
2004年 マウトハウゼン強制収容所  2004 Konzentrationslager Mauthausen
2004年 ウィーン  ユダヤ人墓地、外国人労働者問題、ユダヤ人広場 Wien --- Jewish Cemetery, Gastarbeiter, Jewish Square
2003年 上海・北京  盧溝橋、天安門、故宮、胡同 Lúgōuqiáo, Tiān'ānmén, Gùgōng, Hutong
2002年 江蘇省南京市侵華日軍南京大屠殺遭難同胞紀念館  2002 Nanjing [the first time] --- Nanking Massacre
2001年 黒龍江省ハルピン(哈爾濱)市郊外 旧日本軍第731部隊本部跡 Unit 731
2000年 アウシュヴィッツ強制収容所  2000 Oświęcim --- Konzentrationslager Auschwitz [the first time]
2000年 アウシュヴィッツ第二強制収容所 ビルケナウ  Oświęcim --- Konzentrationslager Birkenau [the first time]
2000年 ポーランドの古都クラクフ  2000 Old city in Kraków [the first time]
2000年 ザクセンハウゼン強制収容所  2000 Sachsenhausen [the first time] --- Konzentrationslager Sachsenhausen
2000年 プラハ 旧ユダヤ人街、カレル橋など  2000 Praha
1991年 エルサレム ホロコースト祈念館  1991 Yad Vashem - The World Holocaust Remembrance Center

2016年 リスボン、エヴォラ、ポルト  2016 Lisboa, Évora, Porto
2016年 サンティアゴ・デ・コンポステーラとトレド  2016 Santiago de Compostela, Toledo
2015年&2016年 台湾の猫村  2015 & 2016 The Cats Village in Taiwan
2015年 ポーランド共和国ザモシチ市  2015 Zamość
2008年 イタリア ―― ピサ・フィレンツェ・ヴェネツィア  2008 Pisa, Firenze, Venezia
2005年 イタリア ―― ローマ・アッシジ・フィレンツェ・ミラノ Roma, Assisi, Firenze, Milano
2001年 黒龍江省ハルビン(哈爾濱)市  2001 Harbin
2001年 黒龍江省ジャムス(佳木斯)市  2001 Jamus
2000年 ベルリン、ドレスデン  2000 Berlin, Dresden
1993年頃 トルコ共和国  カッパドキア、アヤ・ソフィア、エフェソス、トロイ遺跡
c. 1993 Cappadocia, Ayasofya Müzesi, The Archaeological Site of Ephesus, Truva Ören Yeri (Troia)
1991年 イスラエルの風景・キリストゆかりの地など  エルサレム、ガリラヤ湖、死海
1991 Jerusalem, Sea of Glilee, Dead Sea
日本の風景


「ユダヤ教の聖書(旧約聖書)には何が書いてあるのか」(作成中)
世界にはファンダメンタリスト(根本主義者・原理主義者)を自称する、あるいはそう呼ばれる人々がいます。彼らは聖書に書かれていることがそのまま歴史的事実だと信じているのです。では一体聖書にはどんなとんでもないことが書かれているのかを《最小限》の姿で列挙してみます。このページには冗談にしか思えないことが出てきます。マジ? と言いたくなりますが、マジ! なんです。

「ユダヤ民族関連史年表」
ホロコーストの勉強しているときに、個人的に作成した年表です。基本的にイスラエル政府公認の正史に従っていますから、間違いがたくさんあります。そもそも神話領域に属するアブラハムの物語などをイスラエル政府は正史――時代の要請によって作られた歴史――としていますから、「歴史」としては滅茶苦茶です。現代のユダヤ教徒がどういう風に教え込まれていのかを知る点では参考になると考えて公表します。


2017年10月13日更新  since September 7 2004.

現地への行き方、危険度などについてご質問がありましたら、
できる限りお答えします。このサイトでは"mailto"コマンドが使えませんので、
in.the.negative@gmail.com
をコピー&ペイストしてお使いください。

アムネスティ・柏グループのサイトは撤去いたしました。
アムネスティ・インターナショナル日本支部については、こちらをご覧ください